[合格報告]産業医科大(医ー医)になんと2名合格!

うれしい報告が、16:00に飛び込んできました!

産業医科大学医学部医学科になんと、大分校から2名合格!

大分上野丘出身のA.Hさんと大分東明出身のH.Yさんの2人です。一年間の努力が報われる瞬間でした。「わたし、本当に医者になるんですね…」という言葉が印象的でした。

おめでとう!産医大合格!
教頭先生とガッチリ握手

面接練習と志望理由書の添削を何度も繰り返してくれた先生方にも嬉しい報告をしてくれていました。産医大の医学部医学科の推薦入試は面接・小論と志望理由書がキーを握っています。大分校では、南校長先生を筆頭に髙木教頭先生、チューター陣が一丸となって、志望理由書の添削・初期面接指導・本番を想定した実践面接指導と段階別に面接指導を無料で行います。また、2人は集団面接の対策の練習講座(無料)にも積極的に参加をしてくれていました。大分東明出身のH.Yさんは集団討論対策を始めとした総合的な医学部対策指導が「役に立ちました!」と語ってくれました。

お二人の合格の声は、また近日中にホームページ等で公開したいと思います!

北予備ハイスクール 12月~1月予定表

予定表
12月から1月予定表

北予備ハイスクール大分校では「質問ができる自習室」として、大分大学医学部医学科在籍の元・北予備生に質問対応をお願いしています。時間内であれば、何度質問しても別途費用はかかりません!予定表を公開していますので、ドンドン利用してください。科目の質問だけではなく、「医学部を目指すには何を今すれば良いのか?」「受験へ向けて今から何をすれば良いのか?」といった各種受験相談を受験のプロである予備校のチューターだけではなく、医学部合格者にも相談できます。ぜひハイスクール生の皆さんに活用していただきたいと思います!

[模試実施]大分大学でのセンター試験ファイナル

大分大学会場
本番と同じ試験会場での実施。これ以上ない臨場感です。

2016年12月10日(土)と12月11日(日)に大分大学旦野原キャンパスでセンター試験ファイナルを実施しました。センター試験ファイナルは、「本番に一番近い模試!」として九州・山口の数多くの受験生から圧倒的に支持されています。今年度も例年のように、大分県地区では、大分大学旦野原キャンパスをお借りして、本番と同じキャンパスで受験できる模試として実施をいたしました。センター試験でも使用される大分大学での模試は臨場感たっぷり!緊張感あふれる模試となりました。

 

リスニングについては個別音源機器を使用し実施

個別音源
個別音源機器を使用してのリスニング。最終チェックだ!

個別音源機器に不慣れな現役生にとっては、最終確認の良いチャンスとなったのではないでしょうか。また、今回は高校単位でお申し込みをいただいた生徒の皆さんが対象でしたが、年が明けて、1月1日、2日は北九州予備校大分校で北予備大分校生と現役生が対象のセンター試験ファイナルを実施する予定となっています。

受験生にとっては、いよいよ正念場です!

がんばれ!受験生!

がんばろう!大分校生!!